こんな思いを抱えていませんか?

□感情がコントロールできず、人に当たったり、いつまでもひきずってしまう。

 

□同じパターンの失敗を繰り返してしまう。

 

□人に合わせてばかりで、自分らしさが何なのかわからない。

 

□忙しい日々に流され、自分を見つめ直す機会がなかなか作れない。

 

□過去の出来事がフラッッシュバックしてその度に辛くなる。

 

□自分に向き合おうと思っても、やり方がわからない。


これら、全部一枚の「感情学修シート」をマスターすることで解決します!

 

解決できるだけでなく、自分にとってのマイナスの体験が、価値ある体験へ変わり、

感謝や感動、これからの希望や可能性も引き出せるのです。



なぜ、一枚のシートで「ネガティブな感情」や「望まない出来事」を根本的に浄化・解消し、感謝や希望を自分の中から引き出すことができるのか?

 

その秘密は、30年以上にわたる感情科学の研究と、1万人以上のクライアントとのセッションから導き出した実践的な統計データと「型」にあります。


感情学修がどうやってできたのか?をご紹介させてください。

 

「感情学修」を作った幸田宗昌先生は、16歳の頃から父親との確執で悩んでいました。ある事情があり、殺意を抱くほどだったそうです。

 

その劣悪な感情をなんとか解消したくて、宗教やヒーリング、スピリチュアル、霊能者などに救いを求めて様々な学びを15年ほど実践したそうですがどうしても解消できず、1997年に「想念観察」という方法にたどり着きました。

 

それは、ノートに自分の中にある思いや感情を書き出し、それに対して「なぜそう思うのか?」と問いかける方法だったそうです。

 

そのノートを一冊半ほど書いたところで、ある瞬間に涙がどっと溢れ出しました。それをきっかけに、今までどうしても手放せなかった父親に対しての殺意が消え、二度と劣悪な感情に襲われることが無くなったのです。

 

この変化と境地に感動し、<問題を根本的に解消する鍵は「感情」にあるのではないか?>という仮説からこの浄化体験を論理的に説明するための実践的な研究が始まりました。

 

心理学、脳科学、宗教学、哲学、スピリチュアル・・・など多くの学問を学びながら、自分の感情やクライアントさんのケースと向き合う中で、少しづつ感情や思考、潜在意識のしくみなどが統合、構築され・・・2015年にその集大成となる「感情学修」が生まれました。

 

人生で起こる、ありとあらゆるどんな問題でも、この方法で解消できる!

という普遍的な方法が確立したのです。


感情学修カフェで、感情学修を体験してくださった方のご感想です

自分のマイナス感情が少しでも軽くなればと思って参加しました。

わかりやすく導いてもらえたので、自己嫌悪に陥るのはちゃんと理由があること、マイナスと思っていたことも掘り下げるとちゃんとプラス面があることなど、貴重な気づきが得られてとても楽になりました。根本的に解決することの大切さがよくわかって、この技術をしっかり身につけたいと思いました。


あまりよくわからないまま体験したのですが、凄く面白かったです。

進めるうちに昔のことを思いだしたり、いろいろな気づきがありました。

少し体験しただけですが、これを続けていくと自分自身との繋がりが深くなるということがよく理解できました。


感情学修の進め方が今まで思っていた表面的なものと全然違っていました。

鏡の観方が、やったらやり返されるくらいのことでしかわからなかったのですが、深い部分でこうみていくんだということがわかりよかったです。

あと、根底は絶対的に安心で幸福であるというお話が、まだちゃんとは信じられないけど、そうなんだな・・・と思えることができました。もっと続けていきたいと思いました。


より自分の心を理解したいと思って参加しました。

新しい心が楽になる価値観をもらい、凄く嬉しくなりました。

体験談が心にしみました。感動的な時間でした。



「感情学修」をはじめて聞いたので、どんな世界観か、どんな方がなさっているか知りたくて参加させていただきました。とどこおった感情を、感情学修でクリアしたいと思いました。

実際に今日、参加してみて1つの感情にフォーカスして解決していくのがすごいと思いました。すごくわかりやすく楽しく学ばせていただきました!最高に満足しました。どうもありがとうございます。 


いっぱい話し、フィードバックを頂きいろいろと気づけました。

すごく良かったです!ありがとうございました。


無意識に思い込んでいることってあるんだなあとつくづく思いました。

悩んでいたことが、奥山さんが言ったように考えると悩みじゃなくなることがたくさんあってびっくりしました。

本当にありがとうございました。


「これで良いのだろうか?」と思っている所をアドバイスして頂きたくて参加しました。

望んでいることと、理想(目標)とのギャップに対しての捉え方や、望まない感情が残っているのは、そうしたいと自分がオーダーを出しているということ、同じ感情学修でも感性が養われるとある時感じ方が変わるということ等で新たな気づきを頂けました。

参加してとても良かったです。


「感情学修」を学び、実践してみる会を開催しています

感情学修歴10年の奥山リエ子(IRM感情科学プログラム認定インストラクター)がわかりやすくお伝えします! 

【日時】2019.10.6.sun 10:00〜11:30

    2019.11.2.sat  10:00〜11:30

 

【場所】渋谷〜新宿近辺のカフェ

 

【定員】3名

 

【参加費】3900円

 

【お申し込み】こちらのお申し込みフォームからお願いします。



 

「人生ってどうせそんなものじゃない?」

 

 

そうやって、感情を閉じ込め、可能性を諦めるのが当たり前、もしくはそう言い聞かせている方もいらっしゃいます。

 

たしかに、そうとしか思えない体験や、がんばってきたけど報われなかった体験があればそう思ってしまう気持ちも無理はないと思います。

 

でも、「感情学修」というツールで自分に向き合い、修得していく過程で訪れる

 

自分を縛り付けていたものからの開放感

 

生きていてよかった!という感動

 

絶対的な安心感と幸福感

 

という、魂から伝わってくる深い境地を私は知っています。

 

そして、自分の実感に応じて自分を取り巻く世界がどんどん変わっていくのです。

 

 

ですから、この方法を知らないのは、ただただ「もったいない!」と言わざるを得ません。

これがあなたの人生を変えるきっかけになるかもしれないのですから。